DMPで新規顧客を獲得しよう|課題の解決がポイントです

男性

機能の違いを知ろう

PC

ネットでの情報配信が一般的になっている現在、企業がユーザーに行なうマーケティングや広告の方法にも変化が訪れています。従来は手間やコストをかけながら、地道にデータ収集をしていましたが、ネットを使ったマーケティングなら時間をかける必要もなく効率的にユーザーの傾向などを調べることができます。最近注目されているDMPはまさにマーケティングや広告配信に特化しているシステムで、多くの企業が導入を検討しています。DMPはネットのサーバー上に蓄積されているビッグデータや自社で保管している過去のデータを一括で管理、分析して、その結果を元に最適な広告配信などを行なうことができます。実はDMPの前に似たような働きをすシステムがありましたが、DMPにはさらに外部データが加えられ、以前のシステムよりも高性能になっています。

DMPはおおまかに2つのタイプに分けられます。1つがオープンDMPといわれるもので、企業のウェブサイトに訪問したユーザーの情報、興味や関心を寄せているコンテンツ、嗜好性などを集計し外部のデータを集約しているクラウドの中で管理することができます。それ以外にプライベートDMPがあり、これはオープンDMPの機能を果たしながら企業が独自で集計したマーケティングデータを集め、外部のデータと連携させる役割を果たします。しかし、優秀な働きをするDMPは導入した企業側でデータを整理しなければならないので、なかなか導入に踏み切れない企業も数多くあります。さらに、導入後にシステムの管理をする担当者の責任も大きいので、DMPの導入を検討しているなら前もって課題の解決方法を考えておきましょう。