DMPで新規顧客を獲得しよう|課題の解決がポイントです

男性

導入前の課題

パソコンを操作する女性

企業内に集約されているデータの分析を行なって、より綿密な施策計画が立てられるDMPは企業の売上向上のために優秀な働きをしてくれます。しかし、DMPを使いこなすことは難しく、企業に導入するにあたっていくつかの課題を解決する必要があります。第一に、DMPは取り扱うデータの量が膨大なので、導入プロジェクト自体が大規模になりやすくなっています。会社内のデータを取り扱うので、事前にデータを整理しておかなければいけませんし、導入後はDMPに関連する部署も増設します。さらに、セキュリティ上の問題やシステム投資のコストなど企業が考えるべき課題はたくさんあるでしょう。プロジェクトの規模が大きくなり、DMP導入による成果が出るまでプロジェクトを維持できない可能性もあります。

DMP導入の問題の中にデータの整備不足がありますが、特に多いトラブルに顧客情報と購買情報が関連付けされていない、顧客情報の抜け漏れがあって正確な分析が出来ないなどが挙げられます。このようなトラブルはDMPの導入で社内調査を行なった時に発覚するケースがほとんどなので、社内のデータ整備は定期的に行なった方が良いでしょう。また、DMPという高性能なシステムを導入しても、機能を使いこなせる人材がいなければ効果的な活用は難しくなるので、人材確保の問題についても考える必要があります。さらに様々なデータの中から価値のある情報を見極め、それを主軸にして施策を考えて実行できる人材の育成にはコストもかかるので、企業がDMPを導入するなら抱えている課題の解決を優先させましょう。