DMPで新規顧客を獲得しよう|課題の解決がポイントです

男性

システム導入のメリット

IT

DMPにはオープンとプライベートの二種類がありますが、このシステムを導入すると新規顧客の獲得や効果的な広告配信ができるようになります。活用するときは、プライベートDMPを主軸として様々な施策を展開していきましょう。まず、DMPを導入した後は、企業が独自の保有しているデータを整理する必要があります。顧客の年齢や性別、属性情報に至るまで企業には数多くのデータが存在していますが、これらの情報は比較的簡単に抽出できます。しかし、企業が運営しているウェブサイトのアクセス履歴やメールのクリック履歴など顧客の行動まで把握できている企業は少ないので、導入後は必ずデータを整理して情報をまとめておきましょう。また、企業にあるデータを管理するシステムやツールを統合させれば、今までとは違った視点での顧客分析ができるようになります。

DMPを使って情報の統合や整理を行なって優良顧客の属性情報やウェブサイト上での行動履歴の把握をすると、同じような属性を持っているユーザーや既存顧客と似た行動をしているユーザーの情報を集めることができます。このようなユーザーを積極的に分析していくことで、手間をかけずに新たな顧客を集める施策を考えられるでしょう。さらに、データ管理や分析、新規顧客のデータを活用することで、マーケティングに関する効果的な施策計画をより綿密に立てられます。実際、DMPを使っている有名な企業は、140種類以上ものカスタマイズされたメールを毎日配信することで、広告反応率を向上させ、売上へと直結させています。